職人が作る『尾鷲ひのきのカッティングボード』をお届けします。

職人が作る『尾鷲ひのきのカッティングボード』をお届けします。

こんにちは!モグックひぐちです。

今回は、mogcookで取り扱っている、カッティングボードについて書きます。

工房は、三重県大紀町錦にある「越仮カホン」の越仮さん。
工房の名前の通り、打楽器のカホン作りをメインでされています。

越仮さんの「地元の木を大切にしたい」という思い。

concept_omoi2_bg
『目覚めるとカーテンをあけて外を見る、視線の先には山があって、森がある。
そこには「樹」が育ち、様々な「いきもの」が育つ。
森は水を浄化して酸素を作る。大切な地元の樹・「ひのき」を使って物づくりがしたい。』
そう語る越仮さん。
ひのき材への思い入れは強く、大切に長く使えるものを作っておられます。

こちらは、越仮さん宅で10年使い続けているひのきのカッティングボード。
かっこいい味が出ています。扱い方によって、すごく長持ちするんですね。せっかく長く使うのであれば、物の良いのが良いですよね。

IMG_5253

このカッティングボードは尾鷲ひのきで出来ていて、特に出来たてはとっても良い木の香りが広がります。
形はモグックとのコラボレーション。ずっと使えそうなシンプルな形のものを作っていただきました。

~作業工程のご紹介~

いつもかわいい猫がいる工房で。
IMG_5356

一枚のひのきの板から、切り出します。
IMG_5275

カッティングボードの形になりました。
IMG_5283

取っ手の部分に、穴をあけます。
IMG_5306

手作業でカンナやサンドをかけ、丁寧に、手触りを滑らかにしていきます。
IMG_5321

IMG_5314

IMG_5353

すべすべの手触りになったら、「蜜蝋ワックス」で仕上げです。
この蜜蝋ワックスは、三重県尾鷲市の「小川耕太郎∞百合子社」の製品。

IMG_5370

ぴかぴか、すべすべのカッティングボードのできあがり。
IMG_5384

 

このカッティングボードはとても使えるんです。

ピザやパンを乗せたり。

kosikari
鍋敷きにしても良いし。
IMG_5649

まな板として使っても良いし、トレーとしても、インテリアにも。

真ん中に「延寿の木」を挟んだ商品と、シンプルなひのきのみの商品があります。
サイズは大と小です。是非ご覧ください。

商品ページはこちらからどうぞ。
shop_home_04


※当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等の行為はご遠慮ください。