いよいよ離乳食スタート!その前に知っておきたいこと

いよいよ離乳食スタート!その前に知っておきたいこと

みなさん、こんにちは。mogcookの越智です。

先日、東京中目黒で開催した「栗原友×藤岡操×mogcook×nina’s  三重の魚を使った”大人も美味しい”離乳食教室」では沢山の方にお越しいただきありがとうございました!プレママさんもいらっしゃり、沢山のご質問をいただきました。みなさんの離乳食に対する疑問に少しでも応えられていたら嬉しいです。

 

さて、今日は「いよいよ離乳食をスタートさせたいけど、何から始めたらいい??」というママにまずは知っておきたい基本をお送りしますね!

 

■月齢はあくまでも目安です。赤ちゃんの成長にあわせて焦らずのんびり♪

hosei

離乳食を始めてからの進め方は赤ちゃんによって個人差があります。昨日まで沢山食べてくれていたのに今日は全く食べてくれな〜い!なんて事も。
そんな時には赤ちゃんが気に入った物をあげてみて、様子を見ながら赤ちゃんのペースにあわせて進めましょう。

離乳食の量も足りているのかも気になるところですよね!

量が足りていなければ夜中に夜泣き以外で起きたりしているかも。また身長体重が発育曲線のカーブに沿っているかも目安にしてみてくださいね。
不足がちな栄養は離乳食のあとのミルク・母乳で補ってあげてください。

 

詳しくはこちらもどうぞ!

いつから?どうやって?はじめての離乳食
離乳食 時期別 量の目安まとめ★
離乳食の温度って…?
「離乳食 味付け」薄味にする理由とは?
味付けや調味料~いつからどんなものが使えるの?~

 

■心配な食物アレルギーについて

69d4ed3fc529fb01cadca473cda0cc6b_s

食物アレルギーとは、特定の食物を摂取することによって引き起こされる蕁麻疹や下痢、嘔吐、鼻水や咳、呼吸困難などの症状(アナフィラキシーショック)のこと。赤ちゃんの食物アレルギーの原因で多いのが3大アレルゲンである、「鶏卵、牛乳・ミルク、小麦」。この他にも食物アレルギーの原因となる食物は幅広くあげられます。こうした食物アレルギーの心配のある食材を与える場合は、少量(小さじ4分の1)ずつ赤ちゃんの様子を見ながらならしていきましょう。
心配があれば、ぜひかかりつけのお医者様に相談してみてくださいね!

 

詳しくはこちらもどうぞ!

栄養の宝庫!お魚の栄養と、気を付けたいアレルギーについて


※当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等の行為はご遠慮ください。