菜の花と真鯛のちらし寿司

菜の花と真鯛のちらし寿司


この離乳食レシピに使われている魚はマダイです。

材料
魚       10g(1パック)
出汁      小さじ1
卵       大さじ1
菜の花     2束
酢飯      茶碗1杯
刻み海苔    少々

作り方
(下ごしらえ)
モグックの魚(今回はマダイを使用)は湯煎解凍してさっとほぐしておきます。
1.耐熱容器に卵液と出汁を入れて、電子レンジ600wで20秒ほど加熱します。取り出したら素早く混ぜて、炒り卵を作ります。
2.菜の花はさっと湯がいて水気を絞り、みじん切りにします。穂先のみを使用します。
3.酢飯(お酢が苦手な場合は軟飯で)に炒り卵、菜の花、魚の半量を混ぜ合わせ、残りの半量の具材は彩りよく上から盛り付けます。最後に刻み海苔を散らして完成です。

Point
酢飯は、出汁とお酢、甘味に甘酒をそれぞれ小さじ1ずつ合わせたものを、温かいご飯と合わせました。
菜の花をみると春が来た感じがするね、と息子に伝えたところ、どこに来たの?と、きょろきょろしていたのが印象的でした。
季節のものをいただくのは楽しいです。

管理栄養士・西村先生よりコメント
酢には血管を元気にし、代謝も活性化する効果もあるため、親子で毎日少量ずつでも使用したい食材です。
酢の酸味を利用し、塩分も減らすことができます。
身近にある食材を用いて、手早くちらし寿司を作ることができるレシピです。
中に入れる具材は季節により色々アレンジし、年中楽しめますね。
食欲がないときや、食があまり進まない時、お酢の力を借りて乗り切りましょう。
酢飯は口当たりが良くお助けメニューになります。

アレルギー表示義務品目・・・卵
アレルギー表示推奨品目・・・なし

53f80824aa7ee22057e14c2deb99d979

※当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等の行為はご遠慮ください。