【取り分け離乳食】つるむらさき・もずくを使った取り分けレシピ *後期から

【取り分け離乳食】つるむらさき・もずくを使った取り分けレシピ *後期から


大人2人、離乳食1人分の材料

(共通の食材)
つるむらさき  60g
もずく     70g

(大人用)
山芋      80g
だし醤油    適量

(離乳食用)
mogcookの魚  10g(1パック)*へだいを使用
素麺(乾)   15g
だし汁     100cc

 


 

大人レシピ(2人分)
つるむらさきともずくの山芋短冊
調理時間:約4分

作り方
1.つるむらさきは茹でて食べやすい長さに刻みます。離乳食用に10g取り分け、細かく刻みます。
2.もずくは食べやすい長さに刻みます。離乳食用に10g取り分け、細かく刻みます。
3.山芋は皮を剥き千切りに刻みます。
4.器につるむらさき、もずく、山芋を合わせて、だし醤油をかければ出来上がり。

 


 

離乳食レシピ(1人分)
魚とつるむらさきのもずく素麺
調理時間:約8分
後期~

作り方
1.mogcookの魚を解凍し、さっとほぐします。
2.素麺は柔らかく茹でて食べやすい長さに刻みます。
3.小鍋にだし汁、もずく、素麺を入れて煮込み、ほぐした魚、つるむらさきを加えひと煮たちさせれば出来上がり♪

 


 

■Point
ベビー用は1品で素麺に含まれる糖質、魚に含まれる蛋白質、もずくとつるむらさきが加わる事でビタミンが摂れるので忙しいお昼にもバランスが整います。
もずくとつるむらさきの持つトロミで喉ごしもよくなります。
月齢が上がってもだし汁に少量の醤油を加えつけ汁を作り具たくさんの素麺にして利用できます。
大人はワサビや鰹節をお好みで加えても美味しく頂けます。
これからの季節、麺類にかたよりがちになりますが、麺だけの摂取にならないよう気をつけましょう。
良質タンパク質(魚、肉、豆腐、卵)と野菜、きのこ、海藻類をとり、夏バテによる体力低下予防、免疫力アップにつなげていきましょう。

■離乳食用レシピのアレルギーについて
アレルギー表示義務品目・・・小麦(離乳食のみ)
アレルギー表示推奨品目・・・なし

※当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等の行為はご遠慮ください。